システム

自然な広告

ネイティブアドにより企業がメディア目線に

IT

スマートフォンが普及するようになり、どこからでもインターネットをつなげるようになり、日々膨大な情報が行き交います。ブランドとしても不特定多数に情報を発信するのが難しいです。そこで現れたのが、ネイティブアドと呼ばれるものです。 そもそもネイティブアドとは自然に溶け込んだ広告、つまりニュースサイトなどに広告を置くことにより目がつけやすくかつ効率的にブランドメッセージを発信できるという手法です。 ネイティブアドによりソーシャル上でブランドの話題が拡散することでブランドを知ってもらい、興味があればブランド製品を買ってくれるという効果もあります。最近CMがストーリー仕立てになっているのはこの方法を用いているからです。

掲載期間と特徴次第で変わる

ネイティブアドはたくさんの企業がサービスとして発信しています。掲載期間というものが設けられており、その期間を過ぎると掲載することができません。短くて1週間、長くて1ヶ月ほどです。 それにより掲載する金額も企業により変わっており、1ヶ月で10万円ほどのものもあれば1周間で120万円ほどかかるものもあります。120万円のものは掲載に保証というものがあり、この保証金額もつけての計算となります。またデバイスがスマホなのかパソコンなのかにも注目しておくと良いです。 スマホだけの場合とパソコンだけの場合、あるいは両方といろいろあります。スマホだけだといろんな人が目につくという利点から保証されることもあります。