システム

高いメリット

ネイティブアドのメリットデメリット

IT

ネイティブアドとは企業の広告コンテンツをメディアの記事と同様のデザインやスペースに掲載したもののことです。 記事と広告を自然と溶け込ませ、ユーザーにストレスを与えず情報を届けることができます。 メリットとしては自社の情報を第三者目線で媒体への信頼度の高いユーザーに提供できること、記事を読むことで商品に対する知識や興味を得て貰いやすいということが挙げられます。 反対にデメリットして、編集コンテンツと広告コンテンツが混在するネイティブアドに対してユーザーから反発が起こり、炎上することがありました。勿論広告枠では広告であることを明記しています。しかしながら編集スペースに編集と同じようなフォーマットでスポンサーコンテンツが紛れ込む形になるので下手をするとメディアサイトの価値をおこしかねません。ネイティブアドのスポンサーコンテンツがメディアのユーザーにとって有用なものでなければ失敗するリスクがあるのです。 現在多くのブランドがネイティブアドに多くの費用をかけています。 あるネイティブアド提供企業では1万PV保障で価格は120万からとなってます。

費用に対してブランドはメリットを得ているのか

ネイティブアドの有効性を検証した結果で、次のことがわかっています。 消費者はバナー広告よりも、ネイティブ広告を見る確率が高い。 ブランドの好感度を高める効果がある。 購入する意欲を高める。 シェアしてもらえる確率が高い。 広告するブランドに個人的に共感する確率が高い。 ネイティブアドをオリジナルのコンテンツと同じように読み、同じ時間を費やす。 このことからより身近に、より親しみやすい広告手段としてこれからの時代バナー広告ではなくネイティブアドが主流になっていくと考えられています。近年スマートフォンの普及でアプリやブログをいつでもどこでも始められる環境にあり、これれのネイティブアドを目にする機会も飛躍的に増えました。新聞広告や雑誌広告に比べても間違いなく認知度を上げる効果的な広告手段であると言えます。 これから先もブランドがネイティブアドにかける広告費は増えていくと予想されます。